HOME » 発達障がいの子どもに通わせたい放課後等デイサービス施設 » 神奈川のオススメ放課後デイサービス施設を5つ紹介

神奈川のオススメ放課後デイサービス施設を5つ紹介

子ども

神奈川県にある放課後デイザービスの中でとくにおすすめの施設を紹介しています。

わくわくクラブ

障がいのある子供が、楽しく成長することをバックアップするわくわくクラブ。運動・英語・リトミック(音楽教育)を用いて、子供たちの自尊心を高めていきます。

また、早期に適切なトレーニングをすることで、通常学級でも過ごせるように子供たちの選択肢を広げていってくれます。

企業名 わくわくクラブ
所在地 〒243-0018 神奈川県厚木市中町3丁目13-8(本厚木校)
利用可能時間 平日10:30~18:30
アクセス 本厚木駅から徒歩4分

ヒーリングの森

身体障がい、知的障がい、精神障がいなど、療育が必要な子供たちが放課後、休日に快適に過ごせるような設備が充実しているヒーリングの森。

少人数制でそれぞれの障がいに合った教育を受けさせることができます。支援計画も丁寧に立ててくれて、子供の個性をより伸ばしてくれることでしょう。

企業名 ヒーリングの森
所在地 〒224-0041 神奈川県横浜市都筑区仲町台1-23-22
利用可能時間 平日8:30~17:30
アクセス 仲町台から徒歩4分

もみじのてKIDS 鶴見

子供一人一人の個性、成長を大切にしてくれるもみじのてKIDS 鶴見。音楽療法、脳トレーニング、おひさま学習、もみじ学習、サッカークラブ、習字、その他遠足など、独自の方針で子供の成長をサポートしてくれます。

様々な活動の中で相手を思いやる心などを育み、社交的な対人関係を築けるようにする工夫も満載。さらに自分で考えて行動する、自分の気持ちを表現する力も養ってくれます。

企業名 もみじのてKIDS 鶴見
所在地 横浜市鶴見区駒岡4-1-13
利用可能時間 平日13:00~17:00 土曜、祝日 10:00~16:00
アクセス 生麦駅から徒歩約18分

グリーンスクール善行

障がいを持つ子供たちに向けて、日常生活に役立つ力を身に付ける教育をしてくれます。集団行動の適応力、創作活動の支援、地域交流活動の支援、保護者の相談支援なども行っており、様々な方向から子育てをサポートしてくれます。認可保育所、特別養護老人ホームなども運営している信頼度の高い施設です。

企業名 グリーンスクール善行
所在地 〒251-0877 神奈川県藤沢市善行1-16-5
利用可能時間 14:00~17:30
アクセス 善行駅西口から徒歩5分

きらり・はーと

きらり・はーとは、放課後デイサービスの中でも体操など体を動かすことをメインにした教育を行っています。障がいのあるお子様に向けて、発達心理学に基づいた体育教育を行い、体力の工場と社会適合性を高める工夫をしてくれます。

音楽やリズムに合わせて感覚や心身の発達を促し、脳を刺激して五感に働きかけていきます。神奈川県に3つ施設があるので、本厚木以外にお住まいの方にもおすすめです。

企業名 きらり・はーと
所在地 〒243-0014 神奈川県厚木市旭町1-9-12
利用可能時間 13:00~17:15
アクセス 本厚木駅すぐ

施設の選び方

子どもデイサービス

神奈川県内で放課後デイサービス施設を探す際にチェックしておきたいポイントを4つ紹介します。

送迎の有無

放課後デイサービス施設は基本的に毎日通うところですので、子どもの送迎をどうするかは真っ先に考えなければならないポイントです。共働き世帯はもちろんですが、そうでない世帯も雨や雪などが降った場合、徒歩や自転車での送迎が難しくなるケースは十分考えられます。

特に神奈川県は東京、大阪に次いで自家用車の普及率が低い地域ですので、送迎の有無はしっかりチェックしておきましょう。[注1]

放課後デイサービス施設では、児童の送迎を行うと給付金が支給される送迎加算制度があるので、最近は送迎サービスを取り入れているところも増えてきています。

[注1]一般財団法人 自動車検査登録情報協会:都道府県別の自家用乗用車の普及状況 (軽自動車を含む)[pdf]

利用時間の長さ

放課後デイサービスを含む障害福祉サービスは開所時間によって報酬を減算する「開所時間減算制度」が適用されます。開所時間が4時間未満の場合、所定単位数の30%を減算されてしまうため、多くの放課後デイサービス施設では開所時間を13時~17時または14時~18時までに設定しています。[注2]

保護者の仕事の内容によっては17時終わりだと厳しいという場合も多いかと思いますので、何時まで預かってくれるのか事前にチェックしておくことが大切です。18時でも厳しいという場合は、送迎サービスがある施設なら送迎の順番を遅くしてもらうことで調整できるケースもあります。

まずは施設に相談してみて、融通を利かせてくれるところを選ぶと毎日無理なく通わせることができます。

[注2]立川らびっとくらぶ:開所時間減算の対象となる開所時間の考え方について[pdf]

施設の方針や理念が合っているか

神奈川県には放課後デイサービスを行う事業所がたくさんありますが、方針や理念は施設によって異なります。教育や子どものスキルを伸ばすことに力を入れている施設もあれば、子どもがのびのびと楽しく過ごすことに重点を置いているところもあります。どちらがいいというわけではなく、子どもとの相性や保護者の要望により合った施設を選んだほうが後悔せずに済みます。

スタッフとの相性の良さ

方針や理念が合致していても、一緒に過ごすスタッフとの相性が悪ければ子どもにとって毎日の登校がつらいものになってしまいます。相性問題は単にやさしい、親切というだけでは計りきれないところがありますので、ある程度施設の候補を絞ったら、施設を見学したり、一日体験などに申し込んだりしてみましょう。

実際にスタッフと触れあってみて、子どもがどういう反応を示すかをじっくり観察すれば、相性の良し悪しもいくらか判断することができます。

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較