わくわくbloom

このページでは、わくわくbloomの放課後デイサービスについて紹介します。

わくわくbloom公式サイト画像キャプチャ

画像引用元:わくわくbloom
https://wakuwakubloom.com/

自立した未来を目指して一人ひとりにあったカリキュラムを提供

わくわくbloomという施設名の由来は「花咲く(=bloom )」からきています。花咲くように種を蒔き芽吹き育ち花咲く子どもたちの未来に寄り添っていきたいという願いが込められているのです。

子ども達一人ひとりの発達段階や障がいを見極めて、アカデミックな裏付けを元に、その子にあった働きかけをしています。認知能力や情緒の発達を向上させるため、長年培ってきたカリキュラム教材などを使用。成長を手助けできるよう働きかけているデイサービスです。

たくさんの子どもたちを受け入れている

発達障害・身体障害・知的障害の子どもたちを幅広く受け入れ、それぞれに合わせた指導を行っているわくわくbloom。

子ども自身が楽しんで過ごせるように、環境になれるまでは指導員がマンツーマンでサポート。集団行動ができるようになるまで成長を促してくれます。

施設内はバリアフリーになっており、専用の学習スペースや運動スペースも用意されています。千葉県の基準である33平方メートルのを上回る94平方メートルの広さを持つので、運動も思いっきり楽しめる施設だといえるでしょう。

日替わりプログラムで楽しみながらステップアップ

わくわくbloomでは、何かを作ったり、実験したり、調理をしたりと子どもたちが、楽しみながら自分で社会性や自発性を身につけられるよう日替わりで違うカリキュラムが提供されています。

ボール遊びで社会性や運動能力を鍛えることができるバルシューレ、目の動きを鍛えることで学習能力や見る力をアップさせるビジョントレーニングなども実施。たくさんの経験を積むことで、子どもたちの発達を促していきます。

カリキュラムの内容

身体発達のトレーニング

科学的エビデンスを持つ運動メソッドの「ビジョントレーニング」という、目の力を使い視覚能力を高めることで脳の処理機能の向上をはかる取り組みを行っています。

認知発達に関してのトレーニング

認知能力を促せるように、カリキュラム化された教材を使用したり、個々に合ったオーダーメイドのトレーニングを取り入れています。

行動に関してのトレーニング

人との関わり方を学ぶ応用行動分析(SST)、ソーシャルスキルトレーニング(ABA)を元にした行動トレーニングで、将来へ見据えた対策もしています。

お子さんを通わせているパパやママの声

  • 体に障害がある我が子ですが、バリアフリー対策がなされている施設でしたので、過ごすのに不便なことはあまり無かったようです。先生方が親切で、本人は行くのが楽しみというほどでした。通いだしてから、明るくなったような気がします。
  • 見学に行った際、清潔で広い(千葉県の規定の3倍ほどの広さらしいです)施設を見て決めました。季節の行事をちょうど行っていた時でもあり、和やかで楽しそうな雰囲気だったのも、ここに決めた理由です。

口コミを見たサイト管理人の感想

科学的根拠に基づいたカリキュラムを取り入れるなど、子どもたちの能力向上に真剣に向き合っている施設だと思いました。一人ひとりの個性に合わせた対応をしてくれるのも安心できるポイントだなと感じます。

わくわくbloomの基本情報

施設名 わくわくbloom
所在地 〒264-0004
千葉市若葉区千城台西1丁目37-8クリニックモール千城台101号室
アクセス JR千城台駅より徒歩2分
利用可能時間 平日:15:00~18:00 土曜・休業日:10:00~16:00
その他のエリア 千葉のみ
定休日 日曜
送迎サービス 30分以内の範囲にのみ、決まった場所への送迎は可能
安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較