注意欠陥・多動性障害(ADHD)

このページでは、注意欠陥・多動性障害(ADHD)について紹介しています。

注意欠陥・多動性障害(ADHD)とは

ADHDは、発達障害のひとつ。英語のAttention Deficit Hyperactivity Disorder(注意欠陥・多動性障害)を訳して呼ばれています。不注意、多動性、衝動性の3つの症状があるのが特徴的です。

知的な遅れはありません。集中力がなく、落ち着きがない、衝動的に動いてしまうなど問題が出てきます。大人100人のうち、1~3人がADHDだと言われており、決して少ない障害ではないのです。

詳しくは、下記をご覧ください。主に3つの症状が考えられます。

不注意が優勢の症状

色々なものが気になって集中力がない。忘れ物が多い。人の話を聞き逃しやすい。整理整頓が苦手など。小さなお子さんではよく見られがちな行動ですが、小学校に入って授業に支障が出るほど症状がある場合は不注意優位の状態と診断されます。

多動性・衝動性が優勢の症状

落ち着きがなく手足を動かしてしまう。席にじっと座っていることができない。静かにしなければいけない場面で話が止まらない。道路で急に飛び出してしまうなど。その行動によって集中ができなくなったり、まわりに迷惑をかけたり、問題がでてきた状態です。

不注意が強い症状

不注意と多動や衝動的な行動が両方ある場合もあります。

子どもの頃から症状があるのがADHD

このADHDは、脳の機能障害により起こるため、子どもの頃から症状があります。本人も家庭でも工夫や対策を考えてもなかなか改善せずにずっと悩んでいるというケースも。まわりからの非難の対象になったり、トラブルにつながったり…。それが続くと自分の評価も低くなってしまいます。

ADHDが心配になったら

子どもの場合は、集団生活のなかでお友達とのトラブルがあって発見されやすいです。おこりっぽくて衝動的に誰かを叩くことが多い。いつも体のどこかを動かしている。急に走り出してしまう、といった気になる行動があればはやめに受診しましょう。

子どもを伸ばす接し方

唐突な行動が多いため、親のしつけや子どもの性格を責められることも少なくありません。しかし、ADHDは本人が注意してもすべての症状を防げるわけではないのです。医療機関などで診断されれば、治療をすることができます。必要であればお薬の処方もできるのです。服用だけでなく、医師の定期的な診察を受けて症状をコントロールできるようにアドバイスを受けることもできます。放課後等デイサービスでは、落ち着いた行動を促すためのプログラムがあるところもあります。そういった機関や教室を積極的に利用したいものです。

安心して通わせられる放課後等デイサービスをチェック>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較