自閉症スペクトラム障害の場合

このページでは、自閉症スペクトラム障害について解説しています。

自閉症スペクトラム障害とは

以前は、自閉症や広汎性発達障害などと色々な呼び方でしたが、大きくとらえた新しい概念として「自閉症スペクトラム」という呼び方となっています。

この自閉症スペクトラム障害とは、脳の機能障害です。生まれつきのもので、発達に遅れや凹凸が出てきます。自閉という言葉から自分の殻に閉じこもり引きこもるというイメージを持つ方もいらっしゃるようですが違います。自閉症スペクトラム障害は、3つの障害(特徴)を持つと言われています。

自閉症スペクトラム障害だからといって必ずしも知的障害や言語障害を伴うわけではありません。伴うこともありますが、軽度のものであれば成長するにつれて改善することもあります。

症状はいろいろ挙げられるのですが、同じ症状がずっと続くわけではなく、成長にともなって全く違う症状や行動が現れることも少なくありません。

英語では「Autism Spectrum Disorder」と呼ばれることから、略してASDとも呼ばれる障がいで、どれくらい症状が強く出るか個人差が大きいのが特徴です。

中には大人になるまで自閉症スペクトラム障害であることに気づかない程度の症状が軽い方もいれば、日常生活に支障をきたし社会で生活していくのが難しいほどの強い症状が出る方もいます。

症状の強さや行動の特徴、知的障害や言語障害を伴うか否かによってもその子にとって最適な接し方は変わってくるので、柔軟なサポートが求められる障がいだといえるでしょう。

研究が行われているものの、なぜ自閉症スペクトラム障害になるのか詳しい原因についてはまだ特定されていないのが現状です。しかし、わかっていることがあります。それは、育て方に問題があって起きる障がいではないということ。

病院で自閉症スペクトラム障害と診断されてしまうと、自分の育て方が悪かったのではないか、しつけが厳しすぎたのではないか、十分に愛情を与えられなかったからではないかなど自分を責めてしまう方がいますが、こういったことは関係ないとはっきりわかっています。

ただ、遺伝的な要因はあると考えられており、先天的な遺伝要因に加えて何らかの要因が加わることにより発症するのではないか?という説が有力です。

治療については、完全に治療することは難しいとされています。しかし、小さいうちから本人に伝わりやすいように接し方や伝え方を変えるなどをすれば発育を促すことは可能です。

自閉症スペクトラムを判断する三つ組みの症状

自閉症スペクトラムを判断するうえで、「社会性」「コミュニケーション」「イマジネーション」の3つの症状があります。詳しく見ていきましょう。

「社会性」の障害

マイペースで集団生活に合わせられないなどの特徴があります。年相応の常識を身に着けることが難しいことも。場の雰囲気がつかみづらいために、社会生活に必要なことができない問題が出てきます。

「コミュニケーション」の障害

まわりの人とのコミュニケーションがうまくいかなくて対人関係に支障が出ます。例えば、呼んでも反応が薄かったり、気持ちを言葉で表すのが苦手だったりします。言葉の裏側にある意味を理解できず人付き合いの暗黙のルールが理解しづらいです。乳幼児期の言葉の覚えたてのときはオウム返しをすることで気づかれる場合もあります。

「イマジネーション」の障害

先を読む能力が劣っているために、新しい場面や人に対して臆病になります。目に見えない人の感情や未来のことなどに興味を示しづらいこともあります。こだわりが強くなり、自分の考えに固執してしまうことも特徴です。

その他にも、自閉症スペクトラム障害の人は、感覚的な障害も持ち合わせていることもあります。光や音などに敏感に反応しすぎて日常生活に支障が出てしまいます。

このように自閉症スペクトラム障害は、脳の機能障害により様々な症状が出てしまいます。自閉症だけでなく、他のページで解説しているアスペルガー症候群やADHD、LDなども、このスペクトラムという大きな概念の中にいます。知的な水準もそのお子さんによって違い、知的障害を併発している場合もあれば、高いIQの高機能自閉症と呼ばれるお子さんもいらっしゃるのです。

自閉症スペクトラム障害の兆候

自閉症スペクトラム障害は脳機能障害なので誰でも発症するリスクがあります。 何がきっかけで子どもが自閉症スペクトラム障害であると気づくのでしょうか。親が注意深く観察していても、なかなかその兆候に気づけないケースも珍しくありません。

まず、赤ちゃんの時期についてですが、この時期に物覚えが他の子よりも悪かったり、言葉が遅かったとしてもそれだけで自閉症スペクトラム障害とは判断できません。

個人差の大きい時期でもあるので、必要以上に心配しないようにしましょう。

一般的には3歳以上にならないと判断は難しいとされています。では、3歳以降にはどのような行動が見られるのでしょうか。 兆候として次のようなものが挙げられます。

例えば、「妙にこだわりが強い」というのも自閉症スペクトラム障害の兆候です。食事を並べた時にいつもと並べ方が違うと怒ったり、理解できなくなることがあります。

臨機応変に対応するのが非常に苦手です。一つ一つルールにして教えてあげると理解するものの、自分で考えて臨機応変に対応ができない子が多いのも自閉症スペクトラム障害の特徴だといえるでしょう。

また、意味のない雑談が苦手なので、なんでもない会話が続かなかったり、ちょっとした一言を発するのにものすごく頭を使うことがあります。子どもと話している中で、「ただ楽しくおしゃべりしているだけなのに何をそんなに難しく考えているのだろう…」という疑問から自閉症スペクトラム障害に気づくこともあるようです。

人の輪に入れないのも代表的な症状ではありますが、自分が何かを求めているときは積極的に関わることもあるため、「やっぱり気のせい?」と思うこともあるでしょう。

自閉症スペクトラム障害の兆候といっても、必ずしもすべての行動が見られるわけではありませんし、実際のところは詳しい診断を受けてみなければわかりません。

自閉症スペクトラム障害が疑われたら

まずは医療機関や療育センターなどの専門家がいるところに症状を相談すると良いでしょう。発達検査や行動観察などから障害名や疑いの診断、適切な対処法などをアドバイスしてもらえるでしょう。

子どもを伸ばす接し方

自閉症スペクトラムは、見た目には分かりにくい障害です。だからこそ、特に子どもたちは、大人から誤解されることも多いです。集団生活になじむことが難しく、しつけがなってないと思われる行動をする症状があります。しかし、そこには集団やコミュニケーションが苦手であったりする苦しさが隠れています。

大人が思う好ましくない行動をして叱られ続けた子どもは自己肯定感が低くなり、良い結果にはなりません。保護者や学校などの知識不足でうつ病や引きこもりなどの二次障害の問題が出てくることもあるのです。

このサイトで紹介している放課後等デイサービスも、自閉症スペクトラム障害に詳しい担当者がいますので、保護者の相談にのってもらえると思います。効果的な指導も受けることができますよ。

安心して通わせられる放課後等デイサービスをチェック>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較