受給者証の取得方法

このページでは、放課後等デイサービスを受けるために必要な受給者証の取得方法について解説しています。

放課後等デイサービスの受給者証とは

受給者証とは、自治体から交付される証明書。福祉サービスを利用するためには手続きをして発行してもらう必要があります。

お子さんが放課後等デイサービスを通う費用を、国や自治体が9割も負担してくれます。ですから、本当にそのお子さんがサポートを必要としているのか審査をするわけです。そして、放課後等デイサービスを利用すべきと判断されたら、受給者証が発行されます。

受給者証には、保護者名、お子さんの住所と氏名、生年月日、サービスの種類、月に何度通えるのか支給量も記載されています。

受給者証の手続きについて

放課後等デイサービスの教室を見学する前に、自分の子どもは受給資格が得られるかどうか、事前に確認しておくと手続きがスムーズでしょう。行きたい教室の希望日数が決まったら、受給者証を取得する手続きがスタートです。受給者証は、お住いの自治体(区役所・市役所)で手続きをします。その流れを分かりやすくまとめましたので下記をご覧ください。

放課後等デイサービスの受給者証の取り方

  1. 区役所・市役所の窓口に連絡
    自治体の福祉に関する窓口に電話します。どこの放課後等デイサービスを月に何回利用したいのかを担当者に伝えましょう。連絡した際に、面談の日時などを相談します。
  2. 担当者との面談&書類記入
    お子さんの状況を確認し、必要書類の記入などを行います。窓口では、サービス等利用計画書という書類を作成します。そのお子さんがどれだけの利用が必要であるのかをまとめ、医師の診断書があれば添付します。
  3. 受給者証の交付
    自治体から放課後等デイサービスの認定がでたら受給者証が交付されます。自治体によって異なりますが、1ヶ月以内には受給者証が郵送で送られてくるようです。
  4. 教室に受給者証を提出
    受給者証が手元に届いたら、利用したい放課後等デイサービスに連絡をしましょう。これで、放課後等デイサービスを利用できるようになります。

手続きは、複雑で大変ですが、放課後等デイサービスを利用するために必要なことです。もし分からなければ、お住いの自治体や利用したい放課後等デイサービスの担当者に相談すると、詳しく教えてもらえますよ。

安心して通わせられる放課後等デイサービスをチェック>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較