HOME » 放課後等デイサービスへ通わせるメリット » 子どもの居場所ができる

子どもの居場所ができる

このページでは、放課後等デイサービスで、なぜお子さんの居場所ができるのかについて解説しています。

発達障害の子どもの居場所を考える

子どもが放課後をどう過ごすのか。お友達と遊んだり、家でゆっくり過ごしたり。定型発達のお子さんであれば、小学校に上がるころには自分で色々決めていけるかもしれません。

しかし、発達障害のお子さんは、成長が遅かったり、お友達とうまく遊べなかったり、色々な問題を抱えています。様々なサポートを受けながら、その子らしく過ごせる場所を保護者が動いて見つけてあげることをおすすめします。

例えば、一般的な習い事でも良いでしょう。しかし、発達障害がゆえにコミュニケーションができにくく、うまく他のお友達と合わせていくことが難しいこともあります。できないことで親子ともにストレスをため、自己肯定感が低くなってしまうことは避けたいですよね。

お子さんの良さを引き出せる、楽しく過ごせる場所を選びましょう

保護者がお仕事をされているとき、小学生の放課後の居場所として学童があります。発達障害の子も受け入れてもらえますが、定型発達のお子さんの中で過ごすのがツラいというお子さんも中にはいます。

発達障害の子どもは集団生活の中に入るだけでも極度の緊張があり、疲れやすいです。それでも頑張っていて、子どもらしい好奇心を持ち、多くの可能性を持っています。親ならば、これからの成長のために、その子の良さを引き出してあげたいと思っているのではないでしょうか。

その子らしくイキイキと過ごせる居場所。まずは家庭以外でも楽しいところを探してあげることが大切です。放課後等デイサービスなら、その子に合った指導を受けられますし、一つひとつできることが増え、自己肯定感にもつながります。お子さんにとって、家庭以外の居場所づくりとして最適な放課後等デイサービスを探してあげましょう。

こんな悩みの子どもには居場所が必要です

  • 放課後にお友達と遊ぶことができない。
  • 習い事が続かない。または難しい。
  • 学童ではサポートが足りない。
  • 保護者以外に分かってくれる大人がいない。
  • 学校などでもひとりでいることが多い。
  • 集団生活を嫌がって避けてしまう。
  • 先生やお友達との会話が苦手。

放課後等デイサービスが子どもの居場所に

発達障害の子どもたちのことをよく理解して、過ごしやすく工夫してあるのが放課後等デイサービスの良さです。

例えば、耳で聞くよりも目で伝える方がスムーズなお子さんには絵カードを用意。パニックになってしまったら、落ち着かせるように経験豊かな先生がサポートしてくれます。こういった体制は、小学校の学童や習い事ではなかなかできないですよね。

細やかな働きかけのある中で、子どもが楽しくいられる。これこそ、理想的な居場所なのだと思います。放課後等デイサービスは、「ここに行けば僕のことを分かってもらえる」「ここならお友達がいる」という達障害の子どもにとって良い居場所になるのです。

子どもにとって居心地の良い教室とは

発達障害の子どもたちは、刺激に弱いです。ザワザワうるさい環境が苦手。壁に色々貼ってあると落ち着かない。知らない人のいる部屋に入れない。そういった子どもの問題点をきちんと話せる放課後等デイサービスを探しましょう。

お子さんに合った教室選びのために…

どんな子どもたちが利用しているかというのもチェックポイントです。教室によってワイワイ明るい雰囲気であったり、静かで落ち着ける空間であったり、まったく違うからです。通うのは子ども本人ですので、楽しくリラックスできるところが一番。その見極めが大事となってきます。

安心して通わせられる放課後等デイサービスをチェック>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較