HOME » 【特集】WISC検査とは?

【特集】WISC検査とは?

このページでは、WISC検査について解説しています。

WISC検査とは

今のお子さんがどのくらい発達していて、どんなことが苦手であるのか。それを知るために発達検査があります。

子ども向けの検査では、新版K式発達検査や田中ビネー知能検査も一般的ですが、「WISC検査」では、その子の得意・不得意が細かく数値として現れます。

特性を客観的に把握することで、これからの学校生活や放課後等デイサービスなどの療育の現場で活かすことが可能です。医療機関や療育センターなどで受けられます。

WISC検査は、年齢により検査内容が分かれており、5歳~16歳11か月の子どもは60分ほどの検査(WISC検査-4)が個別で行われます。

検査の内容と進行

5歳~16歳11か月の子ども向けの検査では、「言語理解」「知覚推理」「作業記憶」「処理速度」の4項目ごとに数値が出て、総合的なIQも知ることができます。これが高いか低いかによってお子さんの苦手な分野を知ることが可能です。それぞれの項目の数値に開きがありすぎるのも問題です。凹凸の差が大きいお子さんは、生きにくさや辛さが出やすいと言われています。

WISC-Ⅳ検査の4項目

  • 言語理解
    類似のものを見分ける力、知っている単語、理解度、知識などの幅広い質問に答えます。
  • 知覚推理
    積み木の模様や絵の概念を理解できるか。行列の推理、絵を完成させる力などを調べます。
  • 作業記憶(ワーキングメモリー)
    順唱や逆唱などの問題を出して、時間が経過した後の記憶力(ワーキングメモリー)について調べます。
  • 処理速度
    図形や数字などの問題を出し、時間内に処理する能力を検査します。

この発達検査は幅広い項目に答える必要があるので、お子さんの緊張や疲れも出やすいです。検査日は余裕をもったスケジュールを配慮するとよいでしょう。この検査だけで発達障害が診断されるわけではありません。この結果をもとに医師と話し合います。お子さんの成長をしっかり把握してあげるために活用しましょう。

WISC検査の結果を、放課後等デイサービス活かすには

細かく数字が出るWISC検査を受けたら、その結果を踏まえた環境づくりが大事となります。お子さんの得意分野、苦手分野を把握した上で、療育に活かしてくれる放課後等デイサービスを選ぶことがおすすめです。放課後等デイサービスの中には、こういった検査結果をもとにプログラムを考えてくれるところもあります。

WISC検査のことが分かるおすすめの教室は…

今回調査した放課後等デイサービスの中で、WISC検査を得意とし、その結果を療育に活かしている施設がありましたので紹介します。

わくわくクラブ

この教室では、WISC検査を行うことができます。居心地のよい教室内で検査するので、医療機関よりは子どもが緊張しにくいと思います。

発達の様子に詳しい心理カウンセラーがいて、お子さんの個性を理解してもらえます。さらに、検査をするだけでなく、その結果を考慮して個々の指導計画に活かしてもらえます。ひとりひとりの発達の度合いや性格の偏りで指導を変えていくことが有効なのです。

わくわくクラブの公式サイトを見る>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較