HOME » 発達障害の子どもを持つ方の子育ての悩み

発達障害の子どもを持つ方の子育ての悩み

発達障害の子どもを持つ方の子育ての悩みとは?

発達障害の子どもの叱り方

発達障害の子どもをしかるにはCCQのテクニックを使うのがポイントです。コツを押さえて子どもに注意をせず、大きな声で叱ると子どもはパニックを起こしてしまいます。子どもを叱るときには不安な気持ちにさせたり、二次障害につながるきっかけを作ったりしないように注意が必要です。

「発達障害の子どもの叱り方」について詳しく見る>>

発達障害の子どもが勉強しない

発達障害の子どもの症状は、自閉スペクトラム症・ADHD・学習障害の3つに分けられ、子どもが勉強しない理由はそれぞれ異なっています。子どもが勉強しない理由をひとつずつ取り除き、勉強しやすい環境を整えてあげることで、子育ての悩みを解消できるでしょう。

「発達障害の子どもが勉強しない」について詳しく見る>>

発達障害の子どもがなかなか寝ない

発達障害を持つ子どもの約半数が何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。子どもには十分な睡眠を取ってほしいものですが、子どもが寝ないと悩む方は多いでしょう。子どもの生活リズムや寝る環境を保護者が整えてあげることで、睡眠障害を改善するきっかけにつながります。

「発達障害の子どもがなかなか寝ない」について詳しく見る>>

落ち着きがない子どもと発達障害の関係

発達障害の子どもの中でも注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもは落ち着きがないのが特徴です。日常生活でも授業中に教室をうろうろする、人の話を黙って聞くことが難しいなど、問題行動を起こしてしまいます。落ち着きがない子どもには集中できる環境を整えることが大切です。

「落ち着きがない子どもと発達障害の関係」について詳しく見る>>

言うことを聞かない発達障害の子ども

親の言うことを聞かない発達障害の子どもへ、してほしいことを伝えるには、感情的にならずに冷静に伝えることが大切です。厳しい注意をしてしまうと、親に対して反発した態度を取ることもあります。ちゃんとできたときには褒めて、成功体験を重ねてあげてください。

「言うことを聞かない発達障害の子ども」について詳しく見る>>

感覚刺激への偏りが生じる発達障害

発達障害の中でも自閉スペクトラム症の子どもはとくに感覚過敏の症状が現れやすいです。視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚などの五感が敏感になっているために、苦痛を感じて日常生活に支障が出ることがあります。感覚刺激への受容が鋭い子どもにはできるだけ刺激から遠ざけた生活を心がけましょう。

「感覚刺激への偏りが生じる発達障害」について詳しく見る>>

発達障害の子どもは迷子になりやすい

発達障害の子どもは一般の子どもと比べて迷子になりやすい傾向があります。衝動性や低い空間認知機能、自分の置かれている状況に気づきにくいなど、さまざまな原因があります。子どもが迷子になったときに1人で対応できるように、迷子になったときのルールを決めておきましょう。

「発達障害の子どもは迷子になりやすい」について詳しく見る>>

ものをなくすのは発達障害の影響

注意欠陥多動性障害(ADHD)の不注意の特性を持つ子どもは、よくものをなくしてしまいます。整理整頓ができずに、ものを自分で管理することが苦手なのが原因です。症状は成長につれて改善されていきますが、子どものうちに自分で管理できるようにトレーニングすることが大切です。

「ものをなくすのは発達障害の影響」について詳しく見る>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較