安心して通わせられる放課後等デイサービス » 発達障害の子どもを持つ方の子育ての悩み

発達障害の子どもを持つ方の子育ての悩み

発達障害の子どもを持つ方の子育ての悩みとは?

発達障害の子どもの叱り方

発達障害の子どもをしかるにはCCQのテクニックを使うのがポイントです。コツを押さえて子どもに注意をせず、大きな声で叱ると子どもはパニックを起こしてしまいます。子どもを叱るときには不安な気持ちにさせたり、二次障害につながるきっかけを作ったりしないように注意が必要です。

「発達障害の子どもの叱り方」について詳しく見る>>

発達障害の子どもが勉強しない

発達障害の子どもの症状は、自閉スペクトラム症・ADHD・学習障害の3つに分けられ、子どもが勉強しない理由はそれぞれ異なっています。子どもが勉強しない理由をひとつずつ取り除き、勉強しやすい環境を整えてあげることで、子育ての悩みを解消できるでしょう。

「発達障害の子どもが勉強しない」について詳しく見る>>

発達障害の子どもがなかなか寝ない

発達障害を持つ子どもの約半数が何らかの睡眠障害を抱えていると言われています。子どもには十分な睡眠を取ってほしいものですが、子どもが寝ないと悩む方は多いでしょう。子どもの生活リズムや寝る環境を保護者が整えてあげることで、睡眠障害を改善するきっかけにつながります。

「発達障害の子どもがなかなか寝ない」について詳しく見る>>

落ち着きがない子どもと発達障害の関係

発達障害の子どもの中でも注意欠陥多動性障害(ADHD)の子どもは落ち着きがないのが特徴です。日常生活でも授業中に教室をうろうろする、人の話を黙って聞くことが難しいなど、問題行動を起こしてしまいます。落ち着きがない子どもには集中できる環境を整えることが大切です。

「落ち着きがない子どもと発達障害の関係」について詳しく見る>>

言うことを聞かない発達障害の子ども

親の言うことを聞かない発達障害の子どもへ、してほしいことを伝えるには、感情的にならずに冷静に伝えることが大切です。厳しい注意をしてしまうと、親に対して反発した態度を取ることもあります。ちゃんとできたときには褒めて、成功体験を重ねてあげてください。

「言うことを聞かない発達障害の子ども」について詳しく見る>>

感覚刺激への偏りが生じる発達障害

発達障害の中でも自閉スペクトラム症の子どもはとくに感覚過敏の症状が現れやすいです。視覚・聴覚・触覚・嗅覚・味覚などの五感が敏感になっているために、苦痛を感じて日常生活に支障が出ることがあります。感覚刺激への受容が鋭い子どもにはできるだけ刺激から遠ざけた生活を心がけましょう。

「感覚刺激への偏りが生じる発達障害」について詳しく見る>>

発達障害の子どもは迷子になりやすい

発達障害の子どもは一般の子どもと比べて迷子になりやすい傾向があります。衝動性や低い空間認知機能、自分の置かれている状況に気づきにくいなど、さまざまな原因があります。子どもが迷子になったときに1人で対応できるように、迷子になったときのルールを決めておきましょう。

「発達障害の子どもは迷子になりやすい」について詳しく見る>>

ものをなくすのは発達障害の影響

注意欠陥多動性障害(ADHD)の不注意の特性を持つ子どもは、よくものをなくしてしまいます。整理整頓ができずに、ものを自分で管理することが苦手なのが原因です。症状は成長につれて改善されていきますが、子どものうちに自分で管理できるようにトレーニングすることが大切です。

「ものをなくすのは発達障害の影響」について詳しく見る>>

発達障害の子どもが怒りっぽいのはなぜ

発達障害の子は、感情のコントロールが苦手で怒りっぽいという特性があります。怒りの原因を確認しアンガーマネジメント的な関わり方をすることで、子ども自身が怒りの感情をコントロールしやすくなる可能性があります。

「発達障害で怒りをコントロールできない子どもへの対応」について詳しく見る>>

友達づきあいが難しい発達障害

発達障害の子どもは、人との関わりが苦手でこだわりが強い特性をもっているため、友達ができづらいのか悩みの種です。しかし、お子さんの気持ちを生かしながら遊びの中で、友達づきあいをじっくり学んでいくことで変えていくことができるでしょう。

「友達づきあいが苦手な理由と対応法」について詳しく見る>>

発達障害児は姿勢の維持や運動が苦手

発達障害児は体幹が弱く、姿勢を維持したり、日常生活で行う服の脱ぎ着やお箸を使うといった動作が苦手です。また、体の複数の部位を同時に使うボール遊びなどの運動もうまくできません。楽しみながら運動が苦手を解消させる遊びを取り入れることが大切です。

「運動が苦手な特性とケアの方法」について詳しく見る>>

発達障害のあるお子さんの片付けが苦手な理由

発達障害のあるお子さんは、注意散漫や空間認知の弱さといった特性から、片付けが苦手であることが多いです。片付ける習慣がないと、明日学校で使う教材が見つからないなど、本人が焦ってパニックになってしまう事もあります。周囲の適切なサポートで早い段階から片付ける習慣を身に付けることでそういった場面を未然に防ぐことができます。

発達障害のあるお子さんの片付けが苦手な理由について詳しく見る>>

発達障害のあるお子さんは着替えが苦手?その理由とサポート方法!

発達障害のあるお子さんは独自のこだわりや感覚の過敏から衣服を着ることに抵抗を感じることがあります。また、身体を使うことの不器用さがあると着衣やボタンをはめる時に苦労します。スモールステップでトレーニングを積むことが、苦手の改善につながります。

「発達障害のお子さんの着替えに関する悩み 」について詳しく見る>>

発達障害のお子さんはお風呂が嫌い?理由と対策アイデア

お風呂を嫌がる発達障害のお子さんに悩んでいる親御さんもいることでしょう。お子さんがお風呂を嫌がる理由やスムーズに入浴してもらうための対策などについてまとめました。なかなかすぐにお風呂に入ってくれない…とお悩みの方はぜひチェックしてみてくださいね。

「発達障害児のお子さんのお風呂に関する悩み 」について詳しく見る>>

安心して通わせられる放課後等デイサービスを比較